前へ
次へ

最悪な食生活から健康食への脱却の過程

とにかく仕事が忙しくて食生活は乱れに乱れていた時期がありました。
仕事から帰ってくるのは深夜0時を回っていて、そこからまた家で仕事をするので夜食を好きなだけ食べていました。
カップラーメンやデリバリーでチェーン店の牛丼やカレーなどを好きなだけ食べていたので、あっという間に体重は15キロ以上太ってしまいました。
また、体調も優れず、肌はボロボロでこのままではいけないと感じて生活習慣を改めることに決めたのです。
まず、手っ取り早く始められる夜食をやめることにしました。
はじめのうちは禁断症状が出ましたが、なんとか止めることができました。
次に、健康食を積極的に食べるようにするように心がけたのです。
健康食の要である玄米は、休みの日や時間のある日にまとめて炊いておいて、冷凍庫で小分けにして保存しました。
副菜は外で出来合いのものを買ってきた場合でも、主食は玄米なので、不足しがちな食物繊維を摂取することができるようになったのです。

Page Top